スポンサードリンク

老人ホームの種類〜経費老人ホームA型〜

公的施設の老人ホームの種類には経費老人ホームというものがありこの経費老人ホームにもA型、B型とケアハウスという3つの種類の老人ホームがあります。

経費老人ホームA型は給食付きで入所条件としては身寄りがなく60歳以上(夫婦で入所する場合はどちらかが60歳以上なら可)で家庭の事情や住宅事情により生活するのが困難な方となってます。費用の面でも原則基本利用料の2倍相当程度以下(34万以下)の収入が条件で低所得者には嬉しい施設です。しかし、介護が必要になっても介護保険を受けることができないのが難点です。

経費老人ホームA型から介護が受けれるケアハウスに移ることは可能です。部屋の広さはどうなのかと疑問を持たれる方もいらっしゃいますが、この経費老人ホームA型はいわば「生活保護」的な要素が強くそういった意味では生活できる最低限の生活ができる広さと思った方がいいでしょう。当然後に説明するもう一方の経費老人ホームB型よりも一般的に狭くなります。

老人ホームの種類〜経費老人ホームB型〜

老人ホームの種類で経費老人ホームB型とはどういった施設でしょうか。老人ホームの種類でA型が給食付きであるのに対してB型は自炊ができるすなわち自立した人向けの老人ホームです。

掃除、選択、排泄等A型と違い施設スタッフが日常生活をサポートすることはありません。入所条件はA型とほぼ一緒ですが自炊のため月額料はA型より安くなります。日常の食費等生活費は別になりますから月額料(家賃の意味合強)プラス生活費が1ヶ月の費用となります。月額料は安いところでは5000円からというところもあります。費用として見るならばこのB型が一番安い老人ホームとなります。

ちなみにA型はだいたい生活費が5万円でそれに事務費が所得によってかかってきます。A型もB型も低料金で入所できるため人気のあるホームは待機者が多くいます。軽費老人ホームの住居を考えているのなら早めに申し込みなりしておくのが賢明です。ただ高齢者で身寄りがない方は自分でパンフレットなり申し込みしないといけなくなります。高齢者でネットを利用するのはごくわすかな方に限られますのでこういった高齢者向けに出向いて代理で必要な手続きをしてくれるところがあれば利用したいものですね。

老人ホームの種類〜ケアハウス〜

老人ホームの種類でケアハウスという施設があります。このケアハウスは軽費老人ホームC型と呼ばれることもあります。

このケアハウス以前はケアなしハウスと言われ介護サービスが受けることはできませんでした。現在は中度の介護までならサービスを受けることはできますがそれ以上の介護が必要になった場合は退去しなければならないところもあります。老人ホームの種類で軽費老人ホームA型、B型がありその違いは給食付きか自炊型かで違いがわかりやすいですが、ケアハウスとA型はどうでしょう。

もともとケアハウス自体は存在しませんでした。老人ホームの種類にはA型とB型この2つしかなかったのです。入居できる条件として自立した生活ができることでしたね。ところが高齢化が進み介護が社会的問題になり新たな施設として中度までの介護に対応した老人ホームという位置づけで誕生したのがこのケアハウスというわけです。介護が受けられるといっても外部の介護サービスを施設内で受けることができるということでケアハウス内のスタッフが介護の世話をするということではありません。

スポンサードリンク

トップページへ戻る

Copyright © 2008 老人ホームの種類ってなに? All rights reserved.
Ads by Sitemix