スポンサードリンク

老人ホームの求人と現実問題と課題

求人募集の広告で必ず目につくのが老人ホームの求人です。モノが売れない不況真っ只中で一般企業がほとんど求人募集をしてない時でも老人ホームは人手不足で募集をかけてきます。

高齢化社会になり需要と供給のバランスがとれなくなったのが最大の原因です。それに介護にかかわる仕事は非常に重労働です。にもかかわらず労働の対価である賃金が低いのも職離れや老人ホームで働くのを避ける原因になっているのではないでしょうか?人は基本的に楽な方を選びます。楽をして得られる金額が大きい職業に魅力を感じてしまいがちです。いい悪いは別にして個人的に老人ホームで働くメリットをつければどうだろう思います。

例えば老人ホームで働いたり介護の仕事をした場合勤続年数により自分が将来介護が必要になったり老人ホームに入居する場合優先的に受けられるシステムにしたら将来を見据えて老人ホームの求人に反応する人も少なくないのではないでしょうか?また将来介護の補助を受けられるようにするのも有効な手段かもしれません。

老人ホームの求人〜介護報酬事務の需要〜

医療事務はよく聞きますが介護報酬事務はあまり聞かない言葉です。老人ホームの求人広告でヘルパーの資格を持つ人を求人対象としてる場合が多いですが介護報酬事務の仕事も今後急速に需要が求められる職種となります。

この介護報酬事務とはどういったものなのかというと医療事務と同じ報酬請求が主な仕事になりますが医療事務が算定を点数としてあらわすのに対し介護報酬事務は単位としての算定になるという違いがあります。通常こういった報酬請求の事務はケアマネージャーが行いますが他にも仕事を抱えるためにどうしても事務的な仕事は後回しになることがあります。そこでケアマネージャーの片腕となって報酬請求事務をやることが主な目的です。

介護報酬事務は資格があるためこれを取得なければなりません。逆にこの資格を取得すれば老人ホームはもとより介護施設での求人に有利になってきます。ヘルパーのように直接介護することが目的でないため体力に自信がない方でも資格取得して働くことができます。

老人ホームの求人〜高齢者対象ビジネス〜

老人ホーム関係の求人に限らず、健康食品、サプリメント、スポーツ、宅配弁当、等高齢者向けビジネスの求人が増えています。今後も増え続けていくことでしょう。こういった高齢者向けの企業は不況とは言えニーズがある分求人募集を打ち出し拡大していくものです。

旅行代理店もあの手この手とアイデアを出し医者看護士付きの高齢者のツアーもあるようです。高齢者ビジネスを考える場合になぜそのビジネスをやるのかまたそのアイデアを採用するのか十分考える必要があります、儲かればいいだけの考えでやると必ず失敗します。どうやったら喜んでもらえるかがビジネスの原点だと思うからです。

ある老人ホームでも入居者がうるさいとベッドに縛り付けておくといったこともあると聞いたことがあります。頻繁に求人募集しているところは本当に人手が足りないか内部に何か問題があるかどちらかです。老人ホームにかかわらず求人募集はよく調べてから応募するなり働く方がいいかもしれません。

スポンサードリンク

トップページへ戻る

Copyright © 2008 老人ホームの求人と現実問題 All rights reserved.
Ads by Sitemix